私の好きなpspソフトは、「薄桜鬼」シリーズです


今や、PSPは絶版となっておりますが、私はPSPしか携帯ゲーム機を持っておらず、ソフトの価格も低下しているので、愛用しています。私が1番好きなPSPソフトは、断トツで薄桜鬼です。もともと、私は歴女で、そのなかでも特に、新選組の土方歳三が大好きで、その「誠」の志を持って、徳川幕府を守るため、大切な近藤勇を守るため、市民に恐れられ、批判されようとも、五稜郭で命を散らし、戦う姿に惚れていました。

 この「薄桜鬼」シリーズは、主人公が「鬼」であり、その血を飲んだ人も、命を削りながら「羅刹」となって戦うところが面白くて、大好きな新選組のキャラクターと恋愛でき、運命を共にして戦うことができ、史実と違い、沖田総司や土方歳三が死なない結末を見られるところが、楽しくて大好きです。

 先ほど述べたように、私はこのゲームをするまで、土方歳三が特に好きでしたが、自分が主人公の千鶴となってゲームをするうちに、男気があり、家庭的な原田左之助も大好きになりました。シリーズとして、ゲームソフトもいくつか出ていて、アニメ化や映画化もされたので、すべて見ました。アニメイト通信販売では、薄桜鬼の土方歳三と原田左之助のグッズも買うほどのめりこんでいます。数年前、続編として、PSVITAで発売された、現代の薄桜鬼をプレイできてないので、ゲーム機を今度買うことを検討しています。このシリーズは、とにかく大好きなので、終わることなく、いつまでも継続してソフトを出してほしいと願います。