ゲーム的にもストーリー的にも面白かった『ゼルダの伝説ムジュラの仮面』


面白かったテレビゲームといったとき、一番に頭に思い浮かぶのは『ゼルダの伝説ムジュラの仮面』ですね。いまでもたまに実機のNINTENDO64でプレイすることもあるほどです。

このゲームが発売されたときは小学生でしたね。もともとゼルダの伝説シリーズが好きだったこともあり、前作の時のオカリナもこれでもかと言ったくらいにやりこみました。こちらも非常に面白かったゲームですが、ゲームとしての難易度やワールドの広さといった総合的な観点で見てみるとムジュラに軍配が上がります。

そんなムジュラですが、正直小学生にはかなり難しかったですね。アクション的にもそうですし、何より謎解きが非常に難解でした。ゼルダシリーズ伝統の水系ダンジョンはもう本当に頭を抱え、何度もコントローラーを投げつけそうになりました。

さすがに自力で何とかするのは厳しかったので攻略本に頼ってしまった記憶がありますね。攻略本が発売される前は、ゲーム雑誌にお世話になっていたものです。

月が落ちてくるといったなんとも終末感のあるストーリーでしたので、雰囲気も非常に不気味なものがあり、少々怖かったです。イカーナ帝国の親子や井戸の底は軽くトラウマになりました。前作でも井戸の底は怖かったですね、リーデットの存在がトラウマになった小学生はきっと多いと想像しています。64特有のまだ荒いポリゴンがより一層不気味さを醸し出していたのでしょう。

ムジュラの魅力というのはなんといってもサブイベントです。町の住人にそれぞれものがたりがあり、それを解決していく事によってお面が集まり、それが最期のダンジョンで役にたつというのはすばらしいなと思います。やってもやらなくても大丈夫ですが、それによってEDの映像が変わるのがたまらなかったです。子供ながらに幸せそうな住人を見て感動しました。

特に印象深いイベントは夫婦のお面です。このイベントはかなり人気が有ることでしょう。子供にされてしまい大事なお面を盗まれてしまったカーフェイとその帰りを待つアンジュ。サコンのアジトは本当に大変で、一度失敗すれば一からやり直しというシビアさが非常に堪えました。もう二度とやるもんかと思ったほどです。

子供の頃にプレイ出来てよかったという思いもありますが、大人になってからわかる魅力もあるという非常に面白いゲームだと思います。